Web Café "Prelude"

ホームページ = Home Page = HP ?

ホームページを HP と書くと馬鹿にされることがある。ある一部の原理主義者には「日本ヒューレットパッカードのこと?」と皮肉を込めて聞かれるかもしれない。試しに Internet Explorer で アドレス欄に「日本HP 」と記入して移動してみよう。みごとに日本ヒューレットパッカード社のサイトに移動できる。

そもそも、日本語で Web site のことをホームページというのは通じる。もうここまで普及した間違いも立派な日本語だと思うので、私はホームページのことを Web site と言おうと啓蒙するつもりはないけれども、HP はやりすぎな気がする。ドラゴンクエストをプレイした人々に「HP てヒットポイント ? 」なんて馬鹿にされたりしないように、あんまり HP は使わない方がいいと思われる。

参考リンク

Japanese Only 書いてます?

サイトを巡回しているとよく見かける Sorry ! This Home Page is Japanese Only!! について考えてみましょう。

これは、ある一部の人々に言わせるとかなり「初心者っぽい」行動である。私も基本的にいらないと思っている。この一文を書く人々は、こう言うであろう。

「だって外国の人が来たら困るから」

確かに、日本人以外の人が自分の日本語で書かれているページに来たら困るかもしれない。事実、我々が、諸外国のサイトを訪問した時には読むことができないから、困ることもある。しかし、そのサイトには、 Sorry ! This Home Page is ほにゃらら Only!! て記述されているだろうか。諸外国のサイトを見て、同じような表現を見かけることは、僕個人としてだけれど経験がない。この習慣は、日本に極端に普及した慣習ではないかと想像する。そもそも、外国人訪問者が、この一文を見た時どう思うのであろうか。

このホームページは日本人のみです

このホームページは日本語のみです

鎖国ですか?でも、繰り返すようだけれども、この一文を記述している人は、このように書いたつもりでいるであろう。

申し訳ございません、このホームページは日本語のみで記述されています。

であれば、半角英数字で、I am sorry. This web page is described in Japanese. とでも書くのがいいかもしれないですね。

Top

<Back

Copyright ©2000-2008info@web-cafe.biz Web Café Prelude All Right Reserved.